日々の出来事を赤裸々に書いてます


by dai1tks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

閲覧

あー・・・しんど。

歳には勝てませんわ。
新婚の人です。

先日、建築設計事務所の立入検査というものを経験しました。
建築士法に基づく建築士事務所として必要な書類・表示等の
確認をしていただきました。

まぁ、我々は建築設計事務所ですし、建築士事務所協会の
会員でもありますから、当然必要なものは随時更新しながら
常備していると思いつつも、先日の平成27年6月25日施行の
建築士法改正の内容も網羅しなければなりません。

・・・こんなにも法令集を熟読したことはありませんでした(笑)

その中で、1つだけ常備していなかった書類があります。
『建築士法第24条の6の規定により閲覧に供する書類』
同23条の6の設計等の業務に関する報告書は都道府県に
毎年提出する義務がありますので作成していたのですが、
こんな書類もあったのか、と。

要するに、事業年度毎に閲覧書類を作成して事務所に備え置き、
設計等を委託しようとする方の求めに応じて閲覧させる書類がコレ。

ということで、作成しなければならず、黙々とやっていました。


あー・・・しんど 笑


いつもこの手の書類は若手に頼んでいるのですが、
やはり、自分でもやらないと人の辛さがわかりません。
そして、自然と人に感謝するのですね。
今更ながら、率先して自分でやるということを学びました。

いつもありがとうございます。





青山さん、とてもいいことを言ったと思います。

・・・これが無ければいい締めでしたね(笑)



あお
[PR]
# by dai1tks | 2016-02-12 17:12 | aoyama | Trackback | Comments(0)

有罪

こんにちは、青山です。

コストコの駐車場スロープが崩落して
死者を出した事件ですが、
設計にミスがあったということで、
設計した建築士に対し、有罪判決が出ました。

当時から注目していたのですが、
要するに、スーパー側の建物とスロープとの
接合部が破断→崩落したことが原因で、
東日本大震災時の出来事である、ということ。
場所は東京都町田市で、概ね長周期の地震動。

計算の内容はわかりませんが、
構造設計者として接合部の検定をする際、
固有周期の他に想定できることといえば
衝撃係数としてプラスアルファの増分を考慮、
長時間揺れることの繰り返し応力くらいでしょうか。

全体としてどのようなストーリーを立てたのか、
建物とスロープの接合部であれば、
ルーズホールを設けたローラーとしたのか。

・・・と、私は勝手に想像しながら同じ立場に立った時の
シミュレーションをしていました。
仮に、ルート2としても、接合部の検定は
別途、様々なシミュレーションで行うべきだと
私も同じ構造を担当するものとして感じました。


最後に、私事ではありますが、
本日2月8日に入籍致しました。
一級建築士の資格と嫁をダブルで取得し、
一気に責任感が増しましたが、
一層仕事を頑張っていきたいと考えております。

「北の勝搾りたて」と聞いて劇的にテンションを上げることなく
カルアミルクだからとナメてかかった結果、リバースなど
決してすることなく、冷静で落ち着いた行動・言動を心がけます。

今後とも宜しくお願い致します。



青山新吾
[PR]
# by dai1tks | 2016-02-08 16:45 | aoyama | Trackback | Comments(0)

積雪

こんばんわー、青山です。

雪降んないね、って言ったそばから降ってるし(笑)
巷では、松岡修造さんが錦織さんの応援の為に
外国に行ってるので、日本が爆弾低気圧になっている、
という都市伝説を巻き散らかしていますが、その通りですね。

さて、毎年このような暴風雪になると、
テレビでは「どこどこの積雪量△△cm」なんて表示されます。
昨日はオホーツクの、特に私の実家の辺りでは
一晩で100cm積もるんじゃないかと予報していました。

我々の業界では当たり前すぎることなのですが、
北海道(道条例)において各地域別に「最深積雪量」というものを
定めています。例えば、中標津町では100cmとなっています。
これは、建物の構造計算をする時に上から乗っかってくるだろう
雪のMAX重量を算出する為なんです。

この数字によって建物の柱とか梁が、ゴツくなったり華奢になったり
するわけですが、各地域の数字を眺めていると結構ハマります。

道内で一番雪降る地域(道条例に限り)ってどこだと思いますか?

スキー場のあるニセコ?留寿都?

違うんですねー。

答えは「幌加内町」なんです。

では、幌加内町は何cm積もると考えているでしょう?

答えは250cmなんですねー。


こうやって数字で見ると面白くないですか?

中標津町で100cm、幌加内町は250cm。
幌加内町は中標津町の2.5倍の雪が降るわけです。
普段中標津町で過ごしていて、もう雪降らなくてもいいよー
って嘆いている2.5倍の苦労を幌加内町民はしているわけです。

ちなみに、ニセコや留寿都は230cmで、
まあまあ近いんですが、現在の条例では幌加内町の
250cmが一番みたいです。

ニセコや留寿都の積雪量は幌加内に届かない。

こんなのを毎日聞かされている弊社若手達は、
通常の2.5倍の苦労をしているのだろうか・・・。

今後もよろしくお願いいたします(笑)



あお
[PR]
# by dai1tks | 2016-01-20 18:47 | aoyama | Trackback | Comments(0)