日々の出来事を赤裸々に書いてます


by dai1tks

<   2012年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

夢想

こんばんわ、青山です。

なぜか今日、社長の夢を見ました(笑)
良いのか悪いのかよくわかりませんが…。
多分疲れているんだと思います(笑)

ということで、そんな私は今日完全オフ。
スズキアリーナさんには暇人の介護をしていただき
感謝しております。

青山さん、最近攻めの姿勢です。
若いふりしていろんなことに挑戦したくなりました。
半径1km以内の範囲では「おじいちゃん」とか
「シルバーシートで違和感がない」とか言われていますが、
平気でバドミントンやったりしてます。
…あ、「ナントカ」の間違いですね(笑)
資格試験の事も然り、やることが多々あります。
そんな日々が楽しくて仕方ありません。

心に余裕ができているので、あとは仕事で
人に優しくできるよう努力していきます(笑)

よろしくお願いします。


あお
[PR]
by dai1tks | 2012-09-30 22:08 | aoyama | Trackback | Comments(0)

相思

こんにちわ、青山です。

無事中標津に帰ってきてホッとしています。
帰りの電車の中で隣に座った女性が別海の方で、
ちょっとお話をしました。
ホントにほんのちょっとだけ(笑)
Yシャツがチャラいから設計やってる人に見えなかったらしいです。

さて、賃貸不動産経営管理士というのは
読んで字の如く、賃貸不動産を経営・管理するプロということで、
仕事の範囲は結構広いです。
賃貸に関する知識はもちろん、建築の知識、税金のこと等
時にアウトソーシングをしながら幅広い知識を持って
入居から退去までをマネジメントする仕事です。

講師の方も宅建業に従事してる方、弁護士、税理士、一級建築士と
いろんな業種の方が説明してくれました。

業種が違うとその人の雰囲気も違って、
弁護士とか税理士の方はキラキラしたもんを身につけていたり、
一級建築士の方はちょっと疲れ気味だったり(笑)
宅建業の方は説明が上手く、ストーリーがしっかりしてて、
弁護士さん、税理士さんは難しいことを平気で言ったりする。
一級建築士の方は回りくどく同じこと何回も言ってたり。

受講してる人を観察しても、宅建業の話になって
ボーっとしてる人が建築の話になると真剣に聞いてたり、
その逆も然り。
いろんな職種の人が1つの目的の為に一緒の知識を共有する。
面白い講習会だなと感じました。

自分に関係のある建築の話は学校の授業みたいで、
建築面積の説明や斜線制限の話、耐震診断の話など、
ごくごく初歩的なことをきちんと説明されていました。

構造で言えば木造、RC造、S造、SRC造、
重ねて壁式構造、ラーメン構造等、模型を使いながら掘り下げて。
この辺についてはいつもやってることなので
確認程度に聞いていたのですが、
RC造のところで改めて考えさせられたことがありました。

RC造ってコンクリートと鉄筋で強度を出す構造なんですけど、
圧縮に強いが引っ張りに弱い清原みたいに強固なコンクリートと
圧縮に弱いが引っ張りに強いイチローみたいな柔軟な鉄筋が
お互いの弱点を補い合う、理にかなった構造なんですね。

例えばRCの柱にクラックが入っていたとき、
原因は引張か圧縮のどちらかになるのですが、
仮に引っ張りによるクラックだとすると、
この柱は弱いなぁ、壊れるんじゃないかな、と捕らえるか、
鉄筋が頑張ってるな、まだもうちょっと耐えれるな、と
捕らえるかは見る人によって分かれると思います。
また、その反対側では当然圧縮力が作用していて、
コンクリートが必死に耐えている。
構造やってると1つの部材で引張力のかかる部分に目が行きがちで、
鉄筋は大丈夫だろうかと、たまにコンクリートのことを
忘れがちになるのですが、鉄筋が引張力に耐えてるとき、
同時にどっかでコンクリートが圧縮力に耐えてます。

押してみたり引いてみたり、人と人の駆け引きみたいで
非常に面白い構造なんだなと改めて感じました。


話し変わるんですけど、この前黒川君に話したことで、
親子丼って食べ物あるじゃないですか。
あれって感動の再会って捕らえるか残酷な再会って捕らえるか
人によって見方が変わりますよね。

RCの話し聞いてたらそんなことふと思い出していました。
青山さんの悪い癖ですね(笑)


それでは。



あお
[PR]
by dai1tks | 2012-09-29 13:57 | aoyama | Trackback | Comments(0)

学生

終わりました、試験。
正直自信ないですね(笑)
社長、経費かかる社員でごめんなさい。

昨日からそうなのですが、
1講義約1時間前後で休憩挟んで
6講義くらいあるんですよ。
もう忘れてた学生の頃を思い出しましたね。

これから帰ります。
明日は仕事かな(^。^;)
まぁ頑張りましょう!


あお
[PR]
by dai1tks | 2012-09-28 19:28 | aoyama | Trackback | Comments(0)

終了

社長はレモンスカッシュが好きなのか…

とりあえず1日目終了です。
しんどいっす。
ずっと座ってるのは拷問ですよ。

書きたかった事があったのですが、
忘れちゃったので思い出したら書きます。

唯一覚えてるのは、建築の講師の方が
5分に1回、乳首をこすりまくっていたことです。


明日は試験です。
プロパティマネージャーになってきます!

耐震診断する人ってビルディングドクターって言うんだって。
横文字にするとなんかカッコいいね(笑)


あお
[PR]
by dai1tks | 2012-09-27 22:37 | aoyama | Trackback | Comments(0)

札幌

とうとう来てしまった…札幌。



できればまだ来て欲しくなかった今日。



いつもの札幌とは違って何か違和感を覚えていた。





何だろう?



何なのだろう、この胸騒ぎは。





その答えは割りとすぐそこにあった。




そして、私は見てしまったのだ。






吉田さんが電車の中ですでに宴を始めているところを。




ということで、青山さんは金曜日まで札幌出張です。
試験費を会社で出すのは初めてらしいので、
合格するよう頑張ります!



あお



iPadから送信
[PR]
by dai1tks | 2012-09-26 21:28 | aoyama | Trackback | Comments(0)

本番

とりあえず笑っときましょか(笑)


本番まであと二日。
俺も世界一位になれるだろうか…。

初めての経験だからドキドキが止まらないぜ!



あお
[PR]
by dai1tks | 2012-09-25 18:31 | aoyama | Trackback | Comments(0)

馬鹿

こんばんわ、青山です。

超馬鹿な事件がありまして、
お客さんがきて書類のチェックしてたのですが、
印鑑がなかったので100均で買っときますよと、
了解を得た上で100円をもらい、いざダイソーへ。

しかし、目的の印鑑がない!
しゃーない。シャチハタでもいいかと
妥協して探したのですが、それもない。

仕方なく500円で買いました。

今更400円くださいとも言えず、
自分持ちになるでしょうね。
でも、お釣りで500円玉ゲットしたので
まあいいとしましょう(笑)

という小さな話。


あお
[PR]
by dai1tks | 2012-09-24 21:23 | aoyama | Trackback | Comments(0)

散歩

こんばんわ、青山です。

今日は車の6ヶ月点検でした。1ヶ月遅れの。
なんかリコールとかがあって少し時間がかかったので、
散歩に出かけました。

スズキアリーナ佐藤さん曰く、あお散歩。
ハンチングはかぶってないですけど(笑)

車で移動している者として、歩くといろんなものが
見えてきます。
気持ちよかったですね。


それでは。


あお
[PR]
by dai1tks | 2012-09-23 22:26 | aoyama | Trackback | Comments(0)

息子

こんばんわ、青山です。

今日は幼稚園の現場に行ってきました。
そこにはうさぎちゃんがいて久しぶりに癒されました。
前にも書きましたが昔にうさぎを飼っていたことがあって、
数年前に死んでしまったのですが、思い出しました。

数羽いたのですが、中に「ころ」くんってのがいて、
うちのコロ助と似た名前だったので、ちょっと泣けてきました。

でも目が赤いやつだったのでちょっと引きました(笑)

ペットロスってやっぱり病気なのかな?
ドキドキが止まらなかったですから。


あお
[PR]
by dai1tks | 2012-09-22 21:34 | aoyama | Trackback | Comments(0)

伝達

こんばんわ、青山です。

久々にこんな時間まで起きています。
この頃はしっかり"おじいちゃん道"を邁進していましたから。


仕事をしていく上で「伝達」という言葉を良く聞きます。

熱を伝える「伝達」
人から人に物事を伝える「伝達」
構造で言えば力の「伝達」

耐震診断をやり始めたころは、体育館等の鉄骨造の力の
伝達メカニズムに精神メカニズムをやられまくっていました(笑)

建物の自重、積雪荷重が屋根面に乗っかるところからスタートし、
その荷重は屋根ブレースを伝わって中央から桁面に順繰り伝達。
その力は桁梁を通じて壁ブレース伝達し、基礎を通じて地中に伝達する。
その間、その力はどんどん増幅していって基礎に伝わる頃には
とんでもないパワーに変わる。
だから、屋根ブレース材は丸鋼とか小断面の鋼材なのに
壁ブレースは相当の断面の鋼材になり、基礎はなまらごっつい!

人の知識や経験も最初はからっぽの状態からどんどん蓄積し、
屋根ブレースのような新人、壁ブレースのような上司、
基礎のようなごっつい社長が登場する。
このバランスがいい会社は震度7クラスの地震が来ても
自信を持って適応できる体力と耐力を保有していると思う。

時に中標津のような多雪区域では初っ端から
かなり大きな荷重が作用する。
その時にはまず屋根ブレースが防波堤にならなければいけない。
山形鋼や角型鋼を使って剛強なブレースにするのか、
線は細いが接合部分がしっかりしてる柔軟なブレースにするのか。
そしてそれを受け止める壁ブレースは、屋根ブレースが出した
答えをどのように受け止めてどのようなベクトルを作り出すか。
その報告を基礎は全てチェックし、OKかNGか判定する。

1回聞いて全てできるやつなんていないよ。
問題は2回目でどこまでできるかでしょ。
建物だって何度も地震を受けながらそれを吸収して立ち続ける。
時間が経てばそれなりに疲弊はするけど、
その時は改修したり補強したりすればなんとかなる。
新しくするのが一番簡単だけど、古いものをバージョンアップ
したのって結構味が出てカッコいいと思うよ(笑)

俺も挑戦しなきゃ。
負けんの嫌いだから。

そんなことを仕事は教えてくれる。

…とブログに書いて自分を鼓舞する青さん。
逃げずに、もうひと頑張り。
みなさんも元気ハツラ・・・

・・・いや!このフレーズは使いたくない!!(笑)



あお
[PR]
by dai1tks | 2012-09-21 23:12 | aoyama | Trackback | Comments(0)