日々の出来事を赤裸々に書いてます


by dai1tks
カレンダー

<   2011年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

懸命

こんばんわ、青山です。

耐震診断もとりあえず一段落していますが、
今度は耐震改修の評定委員会を控えています。
確認申請の物件も控えていますが、何とかこの試練を
乗り越えていく所存です。
昔から体を使うことは専門分野なので慣れていますが、
頭を使うとさすがに疲れます。
でも、失敗することで成長している実感もあります。
30歳になって周りから見られる目も変わってきますが、
自分は自分で自分の出来ることを懸命にやるだけ。
一生懸命であり一所懸命。

俺は生涯エンジニアでありたいな。

と、ちょっと物想いに耽ってみました(笑)



今日は雪が降りましたが、今夜は空がクリアで星が綺麗に見えます。
星を見ると落ち着きます。
そんな時間が好きです。


あお
[PR]
by dai1tks | 2011-02-25 23:41 | aoyama | Trackback | Comments(0)

獏会

こんにちは、青山なう。

ってことで先日、獏の会があって当社のことについて報告してきました。
事前に社長と打合せ(確認)をし、会社の沿革などを聞きました。
自分の会社のことを調べて人に話すという作業が新鮮で、
とても充実した時間だったなと感じています。

さて。
今週は日曜日にサンクチュアリへ出発。
いつも気づかされるのですが、鉄骨造の考え方がフワッフワです。
RC造は考え方も少しずつ分かってきてて、質問されても
ナントカ答えられるのですが、鉄骨造になるとまるでダメ。
まるでだめおさんですよ。
そもそも鉄骨造の場合、準拠する基準によっていろんな考え方が
あるのですが、それにしてもまるでだめこさんです。
1本でいいから、強靭な軸がほしいんですが、
先生方もそれぞれの軸を持っていて、毎回違うことを言われるので
何が正しいのか(全部正しいのですが)よくわからなくなります。

という言い訳コーナーをこの度新設しました(笑)


獏の会ではいろんな職種の方々が参加しているのですが、
それぞれの職場とか現場で当ブログの存在を知ってくれてる
人がいるようです。この場を借りてお礼を言います。ありがとうございます。
会話の中で第一宅建設計のワードが出るとこんな会話になるようです。

「アオヤマ的な人がいるとこでしょ?知ってるよ…会った事無いけど。」

どうも、私がアオヤマ的な人です(笑)



あお
[PR]
by dai1tks | 2011-02-24 15:17 | aoyama | Trackback | Comments(0)

陰湿

こんばんわ、青山です。

佐藤さんのブログでスペインに行った気分になり、
さわやかな気持ちになった皆様へ。

現実に戻ってもらいます(笑)
陰湿な青山のブログへようこそ。
まぁ暗いブログしか書けませんが、今後ともよろしこ。

日本語って面白いもので、ニュアンスでしゃべっても
日本人には案外伝わるものです。

「俺のあれはあれなのか?」
という究極の質問に対しても、ボディランゲージでナントカ理解できる。
言葉の名前がすぐに出てこないのは素敵な歳の重ね方をしている証拠。
と、無理やり捉えている僕。(どうせ自分だってこうなるし、ある意味もうなってる…)

じゃあ外人にとっての「あれ」ってどんな言葉なのだろう??
外国には「あれ」みたいな都合のいい言葉って無いんだろうか。

This is that .
(コレはアレです。)

Is this that ?
(コレはアレですか?)

多分英語ではthatだろうね。
まぁ、ざっとそんなもんです。


ちなみに佐藤さんによるとスペインで「やばい」っていう言葉が
流行っていたようです。
俺なんかはもう「やばい」は口癖で、ご飯がおいしいときも「やばい」、
あれをあれしながらやばいことをしてる人を見たときも「やばい」。

じゃぁ、「やばい」って一体何なんだろう?
そもそも「やばい」の定義って何なんだろう?

やばい、誰かあれしてー。



あお
[PR]
by dai1tks | 2011-02-18 19:17 | aoyama | Trackback | Comments(4)
はじめまして! のブログ、 佐藤です。

先週からスペイン バルセロナ 有名建築家 「リカルド・ボフィル」 設計事務所を訪問してきました。
作品
バルセロナ国際空港 等、、

日本では
銀座資生堂ビル
ユナイデッド・アローズ渋谷店 等、、

バルセロナに到着後、語学学校、ステイ先、スペインの知人から「凄い!ラッキー!自分も行きたい!貴重な経験だよ!」と
皆に言われた。 どんどん緊張してきた。。

約束時間30分前に到着。 事務所の周りを散歩していた。
時間が近づき緊張がピーク!

私の案内を担当してくれた方も 有名な建築家 エデュアルド氏。
ちょうど私が門をくぐったら、エデュアルド氏(HPを観ていたので判りました)が車で入ってきた!
車からおりてきて、私にすぐ気がつき素敵な笑顔で近づいてきました。  オーラ”が、、
あの素敵な笑顔で握手をし挨拶をかわし、緊張はすぐとれた。

事務所を説明しながら案内してくれた。
f0089537_16445.jpg

エデュアルド氏

f0089537_1643498.jpg


このフロアへ移る前 銀座資生堂ビル”の写真の前で「写真を撮るかい?」と言われ自分の写真をお願いしました。

事務所を歩きながら、
説明を聞きき、その都度聞きたい事等、質問しました。
スペインの建築法規の事等、地震の事、
「日本は書類がおりるまで今は凄く時間がかかります」と話してたら
「スペインは建築法規は厳しくない」と言っていました。
f0089537_16122588.jpg

f0089537_16265285.jpg

f0089537_1613732.jpg

f0089537_1613412.jpg

フロアへは、ここの階段ホールを上がっていきます。
f0089537_16142794.jpg


次に各フロアに挨拶と案内に移りました。 最初に経理から、
各フロア 又 オーラ”が  
ドアを開けた瞬間紹介され、各デスクの方達と笑顔で挨拶を交わし、皆 とてもフレンドリーでした。
挨拶を交わした後、エデュアルド氏デスク事に進捗状況を確認していた。

エデュアルド氏のデスクはデッサンが沢山! まだ構想の段階から、デッサンが机中、床にも広がっていた!
「自分の机はコレだよ、自分は手でコレで書いてるんだよ」と 笑いながら 私も前に使っていたドラフターを見せてくれた。

事務所には各国から仕事に来ていました。
「日本人はいますか?」と聞いたら、エデュアルド氏「自分がいる間には来た事はない、見た事はない設計で打ち合わせでは来た事はあるけど」と言っていました。

ちょうど今プロジェクト中の建物のパース等を見せてもらいました。
女性デザイナーも沢山いました。
女性デザイナーの人達に「彼女は15年前にバルセロナに居た事があり(最初に話していました)、今は空港はガラッと変わってるよね!」 と 談笑。 

このフロアも色々な国から仕事に来ていました。
f0089537_1615421.jpg


コンペでとった、世界のプロジェクトが進められていた。

スペインの建築も景気は良くないと言っていました。(スペイン全体の失業率は約30%)
色々な工程事に検査や写真を撮ったりはこちらと同じだなんだと思いました。

他にもっと写真があるのですが、、
後、もっと写真を撮りたかったのですが
こんな時に、、「バッテリがなくなったのかい?今度来た時に沢山撮ればいいよ」と

最後、「何か質問はないかい?」と言われ、又少し中庭で話し「又何か聞きたい事があればいつでもメールをくれればいいよ」とアドレスを頂きました。 

帰る時「何でここまできたの?」と聞かれ、車も呼んで頂きました、有名なサッカースタジアム カンプノウ迄

皆、素敵な人達ばかりでした。
短い日程の中で沢山の事を感じ、素敵な時間、 刺激”は言葉では表現できない程受けました。  

会社にも休みを頂き、こんな素晴らしい時間を過ごさせてもらった事に感謝しています。

素敵な経験ができた事、事務所を紹介して頂いた ジェイスター 濱田様 感謝しております。

エデュアルド氏、各フロアでの会話、空気感、全て鮮明に 記憶が残っています。
でも日本に戻り朝起きたら、現実だったのか、、? 夢だったのか、、?
[PR]
by dai1tks | 2011-02-15 16:25 | kirishima | Trackback | Comments(0)

バルセロナ 色々

何度見に行っても感動! サグラダファミリア
ローマ法王が正式に教会に認定後 観光客が更に増えたそうです。
f0089537_14584315.jpg

f0089537_14594549.jpg

f0089537_1503044.jpg

f0089537_1512765.jpg

f0089537_154388.jpg

f0089537_154576.jpg

f0089537_155401.jpg

f0089537_1563332.jpg

f0089537_1572686.jpg

f0089537_158426.jpg

f0089537_159151.jpg

f0089537_1593011.jpg

f0089537_1510318.jpg
f0089537_15104434.jpg

f0089537_15115234.jpg
f0089537_15131378.jpg

f0089537_15151731.jpg
f0089537_15155328.jpg
f0089537_15165261.jpg

f0089537_1514312.jpg


カサ ミラ
f0089537_15182093.jpg


カサ バトリョ
f0089537_15185786.jpg

f0089537_15202271.jpg


ダリ美術館
f0089537_15212216.jpg

f0089537_15222672.jpg


カテドラル
f0089537_1524444.jpg

f0089537_15251838.jpg


ニューヨークのポップアーティスト、ロイ・リキテンシュタイン
f0089537_15311658.jpg


カタリューナ広場
f0089537_1534840.jpg

f0089537_15344629.jpg


ピカソの壁画
f0089537_15414170.jpg


街色々、、
f0089537_15425419.jpg

f0089537_15433051.jpg


f0089537_15443880.jpg


建築家 ドメネク・イ・モンタネール  アントニ・タピエス美術館
f0089537_1545941.jpg


ミロ公園
f0089537_15455159.jpg

f0089537_15462593.jpg


f0089537_1546505.jpg


バルセロナ郊外 モンセラット
ガウディもここを訪れインスピレーションを得たと言われているそうです。

f0089537_1548371.jpg

f0089537_15482021.jpg

[PR]
by dai1tks | 2011-02-15 15:49 | kirishima | Trackback | Comments(0)

相違

こんばんわ、青山です。

突然ですが、スパゲッティとパスタの違い、わかりますか?

今度、書こうとおもいます。

とりあえず今日は寝ます。

おやすみなさい…。




あお
[PR]
by dai1tks | 2011-02-14 23:38 | aoyama | Trackback | Comments(0)

羅抜

こんばんわ、青山です。

ワードで文章作ってたんですが、
たまに色つきで波線が付いてることあるじゃないですか。

『これはなんなんだべかなぁ?』

って思ってたんですが、要するに言葉遣いがおかしいと
こうやってチェックしてくれるようなのです。

「youの日本語はナンセンスだ。スピーディーに直すことを薦める。」
と、ワード氏にアメリカナイズでビジネスライクなキレ方をされるわけです。

そして、「うるせー、テメーに指図される覚えは無いぞ!!」
と、ヘタレの青さんは素直に直すのです。

非常にバランスがとれています。


さて。
自分がヤツにチェックされる箇所で一番多いのは『ら抜き言葉』

食べれる。
俺だったらもっと食べれる。
限界を超えてまで食べれる。

こんな風に、本来「食べられる」なのに、
早く食べたいがために「食べれる」と"ら"を抜いてしまう。

…いや、そんなわけじゃないが(汗)


日本語がおかしくなっている昨今、このブログ見てもらえば分かると思いますが、
さすがに日本人の書く文体ではないことくらい自覚しています。
まぁ、ゆとり世代の弊害とでも言いましょうか。。。。

自分はギリでゆとり世代からは外れているので、円周率が「3」でいいのか?
と疑問に思うことはあります。(現在は3.14に戻っているらしい)


それだもの 3でアホにも なれるわな


あおを
[PR]
by dai1tks | 2011-02-10 18:03 | aoyama | Trackback | Comments(0)

考察

こんばんわ、青山です。

今日は札幌に行ってきました。
耐震診断でいつもやらかしてばかりなので、
エキスパートに事前に見てもらってきました。

…書類はそこそこ出来てるんです。
書類だけ見たら委員会はクリアできるだろうけど、
診断方針が整理し切れてないのが問題。
構造設計者としてのパチッとした考え方があるのに、
それが書類に反映されていないのはもったいない。

やはりこれではまたいつものパターンで終わってただろうな…

自分に足りないものって言うのは常にあって、
それが確認できる環境があるのは幸せなことです。

自分のスケジュールを割いてでも
このような場を作ってくれた社長に感謝しています。

今日の経験を生かして明日はまとめ作業に入ります。
自信になりました。


あお
[PR]
by dai1tks | 2011-02-09 23:54 | aoyama | Trackback | Comments(0)

不利

こんばんわ、青山です。

今日昼に自宅に帰ったときに、建築士会から会報が届いていた。
毎月必ず目を通すものですが、その中で非常に共感を覚えた
「バリア不利?」っていうコラムについて今日は書こうと思います。

不特定多数が利用する公共空間ではバリアフリー設計が常識になっていて、
事故の未然防止、また介護施設では心身負担軽減等
「安全性」、「安楽性」が重視されます。

だからこそ、両刃の剣になるのでは?ということが書かれています。

足を上げずとも歩ける、という利点は一方で摺り足になりがちで
体力や注意力が落ちるんじゃないか。つまり、心身能力の低下を
助長させると指摘しています。また、車椅子には好都合である環境は
少し歩行能力が落ちただけで車椅子に頼りがちになる。

人間はそういった「安心性」、「安楽性」に慣れると
どうしても頼ってしまいがちです。
先日のバルコニー手摺が外れて転落死したと言う事件においても
「手摺があるから大丈夫だ」という「安心感」も多少なりあったのかなと。

逆にバリアがあることによって、バリアを乗り越える為の
フィジカル的リハビリになり、注意力を維持する為の
メンタル的リハビリになる。

ただ、バリアフリー設計を否定しているわけでなく、むしろ肯定的で、
一番の問題はバリアフリーを無条件に善として全面採用することにある。
バリアは不利でもフリーでもないのだから両者を補完的に捕らえ、
選択的なバリアフリーを目指すことが時として高齢者をスポイルしない
環境であろうと筆者は述べています。

確かに自分も何の抵抗も無くバリアフリーを大前提にしているところ
があり、いいことなんだけども、決め付けている部分もある。

現在の小学校に最新式の洋式便器が置かれるようになり、
家庭でも同じようなものを使っていると、「蓋が自動で開かない」
「ウォシュレットがついてない」「水を流さない」等
当たり前のことができない世の中になってしまう。

いいものを使う前に、まずものいいをつけることも大事かもね。


…って、今朝階段の最後の一段を軽く踏み外したやつが言ってます(笑)



あお
[PR]
by dai1tks | 2011-02-08 22:28 | aoyama | Trackback | Comments(2)

寒風

こんばんわ、青山です。

膝が痛いです。
青さんも30歳ですから。
体にクラックが入り始めています。
確かに最近のシャワーの弾き度が悪い。
もしや、クラックから浸入して中性化の方向に…

コア抜きからの中性化試験ぜよ~~!


…さて。
バカはほっときましょう。

先週一段落した書類作り。
一段落したので土日は完全オフにしたのですが…


今日、辛っ。

あんまり休むもんじゃないってことが分かりました。


相撲はグダグダだけど、四島返還はメド○ージェフの一人相撲。
日本ってどーなってんのさ??
日本ってどうなっちゃうのさ???

日本の夜明けは何処へ。
今こそ日本を洗濯するのですよ。


あお
[PR]
by dai1tks | 2011-02-07 19:34 | aoyama | Trackback | Comments(0)