日々の出来事を赤裸々に書いてます


by dai1tks
カレンダー

<   2010年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

無理

こんにちわ。

ちょっと無理しちゃったかなぁ。
いつからこんなヤワな体になっちまったんだろう…
でも、頭がクリアなうちは無理しなきゃと。
やっぱり、今までは知らないうちに楽してたんだな。

自分が楽になるために、うんぬんってのはイヤです。
自分が頑張ることで周囲が自然と楽にしてくれる。
そういう仕事が好きです。
理想ですが。
完全に汗臭い方向の"青春"体育会系の考え方ですが、
なんだかんだ人にやらせるような仕事は大っ嫌いです。
「そういうことは言ってくれないと…」っていう無責任な仕事になっちゃうから。

中学のときに口数の少ない先輩がいまして、
僕と同じ100mと200mをやっていたので、
練習はいつも一緒でした。
何にも教えてくれなくて、雑談すらなく、
ただ無言でひたすら走ってた記憶があります。
タイムは自分のほうが速かったので、
嫌われてんだなと思いながら、あまり関わらないようにしようと
友達と話していましたが、引退時期に先輩が一言だけ、

「青山、今まで俺と一緒に走ってて、なんか学べたことあるか?」

と聞いてきた。
俺たちはちょっと戸惑った。
この人、何言ってるんだ?と思ったから。
ただ、何か意味があるとも思った。
その場では答えられず、つい、
「先輩との1年間を思い出す時間をもらっていいですか?」
と口からでまかせを言っていた。

確実にウソをついたのだが、
その日の晩に、自然と考えていた。
でも、浮かぶのは先輩の背中だけだった。
ずっと先輩のケツにくっついて走ってた。
先輩の立てた練習メニューを、ただただこなしていた。
いつも予選で敗退する先輩だけど、めちゃくちゃ大きかった。
「この人についていけば俺は速くなれる」という安心と確信が
心のどっかにあったことを実感した。
失礼で恥ずかしかったけど、引退式の日に素直に先輩に伝えたら、

「これからはお前が短距離を引っ張っていかなくちゃいけない。
引っ張るってことは、自分の背中を常に見せてなきゃいけない。
後ろ向いちゃいけないんだ。できるか?」

と、頭を撫でられながら言われた。
その時に、親以外の面前で初めて号泣した。

ということがあった。
その先輩の面影が理想像となって今でもずっと自分の中にある。
社会人だから人に仕事をしてもらうのも大事なことだけど、
自分でできる限りは自分でやるという姿勢は、
ノンプロの考えかもしれないけど持っていたい。


昨日夜中、その先輩のことで親から聞きたくなかった報告があった。
でも、あの時の先輩の姿は自分の中で消えることはない。
頑張って帰ってきてほしいと心から願っている。

この場を借りてこれだけは言いたい。
クスリにはリスクが伴う。
絶対ダメです。


あお
[PR]
by dai1tks | 2010-02-23 17:09 | aoyama

遠吠

こんにちわ。

オリンピックが楽しくて楽しくて寝不足です。
起きる予定はなかったのですが、ふと夜中に目を覚まし、
付けっぱなしのテレビに目を向けるとカーリングがやっている。
第10エンドだったか11エンドだったか忘れたけど、
とにかく最後の1投です。

「当たる当たる当たるぅ~~~!!!!」

解説の小林宏さんが熱くシャウトする。
…何が当たるんだ?
寝ぼけてるのでよくわからなかったのですが、
相手のガードの石に当たらずに通り抜けた瞬間に
私は布団から飛び上がり、

「イエ~~~~~ス!!!!」

と瞬時に状況を判断して激しくシャウトした。
シャウトしたのはいいんだけど、
それで勝ったかどうかは点数すら把握してないので
傍から見れば「吼え損」。
でも、私はそれで完全に目が覚めた。

という本日の青山さん、目覚めの Tea Time の話です。

さて。
カーリング見てたら面白いですよね。
あれ、競技自体も面白いのですが、
それを際立たせているのが、解説の小林宏さんだと思うのです。
非常に分かりやすく、時に熱く、常に相手をリスペクトする。
あの解説が無かったら、未だにルールの概要すら
分からなかったかもしれない。
戦術がまたわかりやすくて、納得できる。
そして何より一番素晴らしいのは、選手の一員になっちゃってること。
逆転して泣いちゃってるから(笑)
その熱さ、見てる人に伝わってますよ。

言い方は悪いけど、こういうマイナースポーツにとりつかれた方の
おかげで、努力や感動がストレートに伝わってくるんだなぁと思いました。


あお
[PR]
by dai1tks | 2010-02-22 12:12 | aoyama

頑張

こんばんわ。

普通に生きてました(笑)
ぶっ生き返ってます。

ということで、書類作りに没頭していました。
あれこれやって結局原本だけで1000枚くらいになりました。
これを1日半かけてエロい…基、偉い人たちに説明してきます。
さて、どうやって説明すっかなぁ。
と、今日は半日かけて社長とシミュレーションしました。
時間かけて出た結論はやはり「あお、頑張れ」でした(笑)

はい、頑張ります。

ということで、最近急にフューチャーされてきた「頑張れ」という
言葉について今日は書きたいと思います。

「頑張れ」って言われるの嫌いです説が蔓延る昨今、
僕は「頑張れ」って言われたい派閥です。
基本的に褒められて伸びるタイプなんで、
ガツガツ、いや、ガッツンガッツン尻叩いてほしいわけです。

ドMかっ。

で、最近よく「頑張ってるのに頑張れって言われてもね。」なんて
大声で言っちゃう人が増えてきて、現代の愛煙家のように
なぜか肩身の狭い思いをしています。
だって、むやみに「頑張れ」なんて言えないでしょ?

でも、私は言われたら嬉しい。
頑張れって言ってくれる人がいると思うだけで、
ケツを叩いてくれる人がいると思うだけで、
自分は一人じゃないって思えるから。
くじけそうになったら…いや、くじけて潰れても
頑張れって一言で元に戻してくれる。

一度だけ10kmマラソンに出たことあって、
たった10kmの話なんだけど、短距離専門の私にとっては
地獄のような距離。
でも、最下位でも完走できたのは「頑張れ」って言葉だった
ような気がします。

そんなこんなで、熱く語ってはみたものの、
多分自然に出ちゃう言葉ですよね(笑)


社長に言われてちょっと考えてみました。


さて、そんな社長に、ふと
「あお~、ブリックはレンタルしてるんだよな?」
と言われた。
突如として青山会長、言葉の判断委員会の開催を宣言する。

ブリック。
レンタル。

…整いましたっ。

リビック。
…RIBC!(営繕積算システム)

あおっちです♪(笑)


…じゃなくてさぁ、RIBCのことだなと思ったので、
「そうですね、レンタルして・・・・・」
と、言いかけた時に社長はあるものをガサガサしてる。

クリップ。

突如として青山会長、言葉の第2回判断委員会の開催を
割と声高らかに宣言する。

クリップ。
ブリック。
レンタル。

さすがにクリップはレンタルしないだろ。

結局、言葉の判断委員会で出した結論は、
「レンタルしています」
でしたとさ。

おしまい。

明日は建築士会中標津支部創立50周年記念式典に先だって
倉本龍彦さんの講演会が13:30から寿宴で行われます。
この機会ですから、ぜひみなさま足をお運びくださいませ。
きっと素敵なお話が聞けますよ!


あお
[PR]
by dai1tks | 2010-02-19 21:38 | aoyama

休止

こんばんわ。
青山です。

すいません。
諸事情によりしばらくブログ休みます。
死ぬ気で書類作ってみます。
復活しなかったときは死んだと思ってください。

それでは。


あお
[PR]
by dai1tks | 2010-02-15 23:31 | aoyama

出発

ごぶさたでした。
青山です。
僕のことなんて忘れちゃってたでしょうか?

…重いわ(笑)

ということで、モーグルのハイライトが流れまくってる今日この頃ですが、
スタートする時のBGMが、ゆってぃの出囃子に聞こえてなりません。
いやー、惜しかったねぇ。
もう少しなんだけど、4回目もメダルに届かなかった気持ちは
ジャンルは違えど僕にもわかるような気がします。

さて。
準備が整ったので、明日バンクーバーに出発します。
バンクーバーですよ。
…あ、すいません。専門用語を使ってしまいました。
一般的に訳すと根室市です(笑)

ノルディック複合見たいなぁ。



あお
[PR]
by dai1tks | 2010-02-15 01:05 | aoyama

良話

こんにちわ。

今日は某会社で打合せをしました。
そこで「喫煙ルーム」を作って分煙化しようという話になった。
社員がいっぱいいる為に、いろんな部長及び課長並びに愛煙家が集結。
気がついたら割と大きめの会議室に連行されていて、
円卓の中心にはまさかの青山さん。
ユルい拉致です(笑)
…まぁ、そんなのはどーでもいいんですが、
屋外に新たに設けるか屋内にスペースを作るかということになり、
使用頻度の低い部屋を喫煙室にするのが一番安く済むよね、
ってことになりました。
案外広めの部屋が見つかり、ココにしようとなったのですが、
隣の小さなパソコンルーム(1間×2間)をせっかくだから
間仕切り壁を移動して少し広くしない?との提案があった。

そこで、Aさんがこんな話を切り出した。

「うちの会社にはデスクトップパソコンが3台しかないんだ。
しかもパソコンルームに集結させている。
大空間の事務室には一人一台パソコン置いてるけど、
みんなノートパソコンを使わせている。
不思議だと思わない?」

…確かに。

「どうしてですか?」と聞いてみた。

ちょっと前までうちの会社にいた上司が役員会で提案したんだ。
社員がいっぱいいるからパソコンを少しでも安く、高い性能の
パソコンを買おうと見積を頼んだらデスクトップが安かった。
当然みんな賛成で手を挙げたんだけど、その上司だけは反対した。
どうしてだと社長に聞かれて、こう言ったそうだよ。

「デスクトップだと、作業スペースが奪われるばかりかモニターが
必然的に大きくなってみんなの顔が見えない。
うちの業務内容を考えると、特に難しい計算をするわけでもなく、
書類を作ったり顧客データ管理をするくらいだから、
ノートパソコンでも充分仕事はできる。
共に働く仲間達の顔が見えない仕事はしたくないからです。」

役員の中でも一番年下の人が言った一言で、
今でも素晴らしい環境で仕事ができている。
彼とはこれからも仕事がしたかったけど、
そういう人間はやっぱり出世します。
青山君もそんな人になってね。


腹黒青山君には難しいかもしれませんが、
なるべく近づけるように頑張りますよ。


いい話だったので、すぐに伝えたくなりました。


あお
[PR]
by dai1tks | 2010-02-12 17:35 | aoyama

忘却

今夜は空が澄んでいて星が綺麗です。
輝いた月に照らされたちっぽけな男がポツンと立っている。
太陽は明日のために眠っているのかな?
そもそも、この関…

こんばんわ。
第一宅建設計ブログです(笑)
どうした?と思われた方もいらっしゃるでしょう。
ちょっと物思いにふけていました。

…本当は書くことを忘れました。

また明日も頑張ります。



あお
[PR]
by dai1tks | 2010-02-11 22:52 | aoyama

構造

こんばんわ。

構造協会さんからメールがよく来ます。
HPや会報にいろんな方のコラムを公開していますが、
これが結構おもしろい。
書いていることを理解しているのかと言われれば
自信を持って「わかりません」と答えますが、
僕も違いがわかる年齢になってきたということなのかな。

構造やってる人って、顔見ると大体わかります。
やっぱにじみ出てるんだね。
文章でも二言目には必ず根拠を謙虚に書いている。
その辺も面白いポイントなんです。

そういうことを考えながらニヤけてる自分が大嫌いです。


あお
[PR]
by dai1tks | 2010-02-11 01:24 | aoyama

等々

こんばんわ。

最深積雪量なる言葉があって、建築基準法で各地域の積雪量が
決まってるんですね。
例えば、中標津町だったら100cm、根室市だったら70cm、等々。
さらに多雪区域っていう、要はなまら雪降っちゃう区域とか
そんなもんも建築基準法で決まってます。
中標津は多雪区域、根室市は多雪区域以外の区域、等々。

そうやって細かく縛りをつけている建築基準法にも"逃げ"はあります。
俗に言う「ザル法」。
もちろん現実的で善のベクトルは守りつつも、法の逃げ道を探しながら
建築物はより良い建築物に変わる。

その一つに「等」という表現があります。
こいつがちょいってつくことで意味合いがガラッと変わります。
許容応力度等計算と許容応力度計算。
この二つの計算方法は全く違うものです。
この「等」からの逃げ道は建築士の数だけあります。
…いや、建築士と官庁の数だけある。
お互い、様々なシチュエーションで逃げられるような法律。

このパターンを踏まえて、自分の文章に「等」を使うことがあるのですが、
先日、「この"等"は他にどんなものがあるのですか?」と聞かれた。
「え~っと…他になんかあるかなと思って(笑)」

無意味な"等"の意味を"問う"。

なんも考えずに「等」を使う等の行為等は控えましょう。
っていうお話等でした。


あお
[PR]
by dai1tks | 2010-02-10 02:14 | aoyama

自然

こんばんわ。

アントニ・ガウディという有名な建築家がいます。
建築家ってみんなそうだと思いますが、独自の世界観をもっていて、
僕のような凡人には理解できないようなことをあっさりやっちゃうイメージがあります。
彼もその一人で、元々装飾系つまりデザインの才能に長けてて、
自然界のものを曲線を使ってリアルに表現して建築と融合させた設計をしています。
構造に関してもやはり自然から得るものが大きく、「美しい形は構造的に安定している」
と言っているように、自然の中に最高の形があると信じていたんです。

で、驚くのは「設計図」というものをあまり書かなかったそうです。
今では信じられないことなのですが、頭の中で描いたイメージを
そのまま形にして、さらに実験をすることによって想像を創造に変える。
理想を根拠にするわけですね。

さて。
耐震診断をしている昨今、過去の図面とか構造計算書っていうのは宝です。
こいつらがあるのと無いのとでは天と地ほど違います。
もし第一宅建の業務テリトリーにガウディの設計した建物があったなら…。

・・・・・

いくら請求できるかなぁ(笑)

…じゃなくて、ゾッとしますね。


あお
[PR]
by dai1tks | 2010-02-09 00:57 | aoyama