日々の出来事を赤裸々に書いてます


by dai1tks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

9月12日 金曜日

こんちわ。
雨降っとんなぁ~ということで、一番ひどい時を狙って
開発行為の現場に行ってきました。
道路の舗装やったばっかりで弾いてる感じはまだ否めないけど、
勾配がきちんととれてるか、また設計どおりに雨水桝へ流れているか、
そういったポイントを設計やさん気取りでチェックしてきました。

おいっ、担当者は君でしょ。


ま、僕は客観的に物事を見ていますから(笑)
…ある意味ね。


さて。
そんなこんなやなんやかんやでかなりマニアックな計算をしました。
鋼材の突合せ溶接(?)の溶接部分のみの断面性能を算定するというテクを社長に「やれ」と吉田さんを経て言われてやってたんですけど、サイズが4mmのときと6mmの時の溶接部分のみの形をおおよそ出して各ブロックに分けてそのブロックの面積にX=0の点から各ブロックの重心の距離を乗じてそれらを全部足して断面積で除して全体の重心を出してそしてその重心における断面二次モーメント、断面係数を出すという、

これぞまさに"That's ねじれモーメント"!


社長「こうやって分割して断面二次モーメント出す方法はアオわかるよな?」
青山「はい、わかります…(汗)。」
社長「座標軸の重心までの距離で割ると断面係数が出るのもアオわかるよな?」
青山「・・・・もちろんです。」


とりあえずわかってることにしてください。
仕事にこういうリスクはつきものです。


100角の角形鋼管に4mmの溶接をするので、yは52.8mmになるはずなのに…
実際ソフトではそうなってるのに、手計算でチェックしたら52.9mmになる。
なぜだなぜだ…と悩んで10分。
0.7×4=2.9というミラクルをしていることが発覚しました。

「社長、これ式間違ってませんか?」と平然と言いました、私。
「あれ、おかしいなぁ…」と再度確認してくれた社長。

謝罪会見開きます。

間違ってるのは私の頭です…。


申し訳ありませんでした。



あお。
[PR]
by dai1tks | 2008-09-12 14:01 | aoyama