日々の出来事を赤裸々に書いてます


by dai1tks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

OCHやらSASやらナニやら日本人はなんだかんだアルファベット三文字に略すのが大好きなんですね。

おこんばんわ。
タカトシTシャツを着る機会と勇気がなかなか無い青山ビッチです。

僕は必要ない所が非常に細かいらしく、
誤字脱字…というか漢字の選択にはうるさいです。
なぜ必要ないのかというと、この文章に使うべき漢字は
どっちかという二択をダラダラ考えてしまうので
時間がかかるからです。

例えば、年齢の単位「歳」と「才」。
自分は略字(画数の多い漢字を簡単にする的なイメージ)が嫌いなので、
基本的には○○歳と書きます。
でも、2歳の子供に「歳」はまだ早いだろうと、
「歳」をオトナと勝手に位置づけてしまうので、
子供の場合は「才」を使います。

で。
この二つの漢字がよく使われている熟語を考えると、
歳:歳末。西暦というか年度を示す感じ。
才:才能、秀才。人間の能力を示す感じ。

もしこの説が正しいとすればですよ?
人の年齢には「歳」を使うべきだと思いませんか?

それに「あなたの歳(とし)は何歳ですか?」
読み方は違うとはいえ、歳は?と聞かれてるんだから
26歳ですと答えるべきだと私は思うのです。
だから面倒くさがらずに今後、人の年齢には「歳」を使おう!
門構えは面倒くさがらずに正式な門構えを書こうぜ!!


・・・・というなんともくだらないことを
契約書のチェックの時に考えています。


ただ、人の名前だけはシビアに考えたい。
間違えることほど失礼な話は無いから。
だから、この気持ちだけは大切にしたい。


と思う今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか?(笑)
[PR]
by dai1tks | 2007-11-03 23:50 | aoyama