日々の出来事を赤裸々に書いてます


by dai1tks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

産廃の極み

未来の産廃処理について考えてみました。
宇宙処理場です。

まず産業廃棄物処理場の許可が必要です。
宇宙へロケットでひとっ飛び!
どのように処分するか打ち合わせをしに行きます。
場所は銀河市宇宙町東35条北4丁目。
地球外生命体専務が担当者です。

地球上のゴミを宇宙空間に放出しようという結論に達しました。

土星大学の輪っか教授や冥王星大学の無くなっちゃいました教授ら10名が、
「まぁいーんじゃない?」
と満場一致でこの申請は許可されました。

処分場の規模が大きい為、燃やせるゴミも燃やせないゴミも全て宇宙に投げることができます。

燃やせるゴミは火曜日と金曜日。
燃やせないゴミは水曜日です。
ゴミ捨てロケットは一家に一台の時代です。

あ、同じ町内会の青山さんが打ち上げに失敗してる。
オゾン層の遙か手前で爆発。生ゴミが雨のように降り注いでいます。
きっとメーカーに確認しなかったのでしょう。バカです、あの人。


このせいでオゾン層は蜂の巣状態です。
中標津の平均気温は50℃。
日本政府はチームマイナス0.0001%という運動を開始。
チームマイナスシリーズも限界にきたようです…

なんか暗い方向なので、明日は明るい妄想話をしましょう。

ハクの本名は東国原英夫ではありません。

おやすみなさい。
[PR]
by dai1tks | 2007-02-02 23:59 | aoyama