日々の出来事を赤裸々に書いてます


by dai1tks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロレスLOVE

そのとおりですっ、それ!!
ってついつい頷いてしまいました。
和光さんコラムでプロレスネタが書いていて、それを見た感想でした。
馬場さんとか猪木の時代はあまりよくわからないのですが、
猪木とアリの試合は見たことがあります。
一般的にグダグダだと批判が集中しましたが、僕はちゃんと見ましたよ。
猪木の掲げる「ストロングスタイル」が確立される瞬間だったんですから。
あの試合は猪木の勝ちなんです。…と思うのです。
ルール会議の時に、アリ側はこれぞとばかりに注文したにも係わらず、
猪木側は「すべての要求を飲む」と。
勝負はもうその時に決まっていたんだと思います。

プロレスラーはいつなんとき誰の挑戦でも受ける。
強くなければいけなかったんです。あの時代はね。
だって力道山のイメージが強かったプロレスラーは
どんなときも負けてはいけなかったんです。
力道山の愛弟子であるアントニオ猪木とジャイアント馬場は
力道山のスタイルを継承しながらも後に対立。
「ストロングスタイル」の猪木イズム・新日本プロレスと
「楽しく・明るく・激しいプロレス」の馬場イズム・全日本プロレスが生まれ、
お互いはその後一切交わることなく、それぞれの道を進みます。
新日本は闘魂三銃士、橋本・武藤・蝶野。
全日本は四天王、三沢・川田・田上・小橋。
このメンバーが現代プロレスを作った世代。
でも、現代のプロレスラーは試合に勝ったから強いんじゃなくて
自分自身に勝ったときに初めて強くなるんだと思います。
力道山Jr.の百田光雄氏もそうおっしゃられています。(←現ノア副社長・現役です。)

アリはあの試合をするべきではなかった…。
ボクシングはボクシングで素晴らしいスポーツなんだから
その道を外れないでただただストイックにボクシングを追及すればよかったんです。
結果、プロレス界には「異種格闘技」という大きな道ができたが、
ボクシング界には何が生まれたんだろう…と思うと、
プライドだけが残ったんじゃないでしょうか?

さて、高田総統…もとい高田延彦や前田日明などのU系のレスラーは
100%猪木の血を分けたレスラーです。
もともと新日本のレスラーだったわけですから。(…ですよね?)
ハイブリッドを提唱する船木誠勝や鈴木みのるだって猪木をかじったレスラー。

いろんなプロレスがあるけど、原点は力道山の「プロレス」。
あっ、それじゃPRIDEもプロレスの一種にナッチャウYO!!
この度、見事に持論が覆ったということで(笑)

そういえば、桜庭和志がPRIDEデビュー戦で勝ったとき、
「プロレスラーは強いんです」って言ってたようなそうでないような…
彼は高田の弟子なんですよね?
それと、美濃輪っていう最近よく見る人をどっかの団体で見たことあるんですよ。

最近ですね、大日本プロレスにハマってるんですよ。
血を流すプロレスは大仁田のイメージが強すぎてキライだったんですけど、
蛍光灯デスマッチを見てると興奮を隠せないわけです。
でも、意外にちゃんとプロレスやってるんですよ。
そのギャップにプロレスLOVEしてる俺。うわ~たまんない(笑)

プロレス見たいけど仕事しないといけない辛さ。
そういえば、明日は獏の会の集まりがありますねー。
加藤さんによろしくお伝えくださいね。
それでは。
[PR]
by dai1tks | 2006-11-13 17:24 | aoyama