日々の出来事を赤裸々に書いてます


by dai1tks
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

愛情

下宿から大楽毛駅まで友達8人くらいと歩いていて、
どこにも障害がない歩道で自分だけがつまづいてこけた
過ぎ去りし学生時代。


・・・・・・

…無言。

あまりに酷なシュール度。
失笑でもいいから笑ってほしかったなー。

擦り傷一つ無く、そこに俺がいたという足跡を残すことも無く、
ただ単にこけた僕です。



姪っ子が転んだ時、じいじとばあばが一緒に転んで笑ってました。

ちょっとだけ愛を感じました。


あお
[PR]
トラックバックURL : http://dai1tks.exblog.jp/tb/14641089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tanaka-masato at 2010-09-21 20:25
おばんなんやした、aoyamaさん。
笑ってますよ、笑ってますヨ、失笑どころか今回もまた傑作集入りですね。
「じいじとばあば」のフレーズには参りました。ところで大楽毛駅はどこの駅だったでしょうか・・。
Commented by dai1tks at 2010-09-25 11:18
tanakaさん、こんにちは。
返事遅れてごめんなさい。
自分は独身なので、じいじとばあばっていう資格は無いんですが、
「孫」と言う小さな恐竜に遊ばれてる父と母と見てると
結婚もいいなと思いました。
大楽毛駅は北海道の釧路市にあります。
母校の釧路高専は大楽毛にあります。
by dai1tks | 2010-09-21 17:25 | aoyama | Trackback | Comments(2)