日々の出来事を赤裸々に書いてます


by dai1tks
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

動力

『中東はオイルマネーで儲けたお金でクリーンエネルギーの構築に投資している』

こんばんわ、青山です。
この前、龍馬伝をまとめ見した時、ついでにNHKスペシャルも撮っていました。
アジアの情勢を「灼熱アジア」と題して特集しています。

まだ2回しか放送されてないのですが、すでに暑苦しい。
まさに「灼熱アジア」。
近年のアジア諸国の成長に対する現在の日本の立場を如実に物語っていて、
寂しさを覚える一方、わしらのような若い連中がもっと頑張って
日本を盛り上げないといかんぜよって思うわけじゃよ。

「脱日入亜」っていう日本を出てアジアに目を向ける意味の言葉ですが、
アジアから見て技術立国、モノ作り大国・日本の絶対的優位性は崩壊しつつあり、
日本企業が生き残っていく為の苦悩がこの言葉に表れています。

そして冒頭のクリーンエネルギーですが、
脱石油時代を迎えている今、オイルマネーで儲けた中東諸国が
それでもエネルギー覇権は渡さないぞと言わんばかりに
クリーンエネルギーに目を向けて着々と実現の道を進んでいる。

そのクリーンエネルギーの代表が太陽光発電ですが、
中東の日照時間は13時間もあるらしい。アジア諸国は9時間。
中東で6時間蓄積した電力で全世界の1年分の電力を補えるという。
マジっすかって感じですよね。

既に砂漠の真ん中にマスダールシティという巨大な新エネルギー都市を
建設したUAEのアブダビ、LNG(天然液化ガス)で世界の主導権を
握ったカタールにアジアの企業が蚊のように群がる。
今までは石油プラント建設で日本企業は高い技術力と丁寧な仕事による
信頼感で、中東の仕事を受注してきたが、韓国や中国が低コストを売りに
猛追してきている現状で日本の存在感をどこまで出せるか。

原子力の世界でも韓国の企業が日本企業を抑えている現実。
韓国は原子力発電で、もはや世界で競争できる技術力を持っている。

どんどん勢いを増すアジア諸国と中東に比べて、借金大国日本。
お腹を出して笑ってる場合じゃないぜよ。



…ところで、俺が歩く床がミシミシ言うのは何故だろう?
こんなにもスリムな体なのにおかしいですよね??


あお
[PR]
トラックバックURL : http://dai1tks.exblog.jp/tb/14525945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dai1tks | 2010-09-03 21:03 | aoyama | Trackback | Comments(0)