日々の出来事を赤裸々に書いてます


by dai1tks
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

苦労

こんばんわ。

お疲れ様です。
ご苦労様です。

さぁ、どっち?


なんつって言っちゃったりしちゃったりしまくりまくりすてぃーなじょりー的な?(笑)
2010年という節目の年を迎えようとしているこのご時勢に
未だにラクリマクリスティーを押している青山です。
…と言いつつも、ラクリマクリスティーの曲を1曲も聴いたことない青山です。


さっきまで打合せしていた方に頼まれたブツをメールしようとしました。

「いつもお世話になっております。」

から始まるいつもの決めワード。
たまには"あや"でもつけちゃおっかなーっつって、調子に乗りつつも、
「お疲れ様です」なのか「ご苦労様です」なのかどっちなんだい?って
3層もの皮下脂肪でコーティングされた筋肉に問いかけていました。


スタッフ(自分一人)総出で調べました。


そして…見つかりました。



イメージ的に目上の人に言うときは「お疲れ様」なのかなと思っていて、
なんでかっていうと、よく時代劇とかで将軍的な人とか殿様キングスとかが
家来的な人を労う時に「ご苦労であった。」って言っていた気がしたから。
そして、かわいい町娘には「近う寄れ」…は無関係ですが、
一応調べてみたら、指示を出す上司と作業をする部下の関係で、
頭を使って指示している上司は「苦労する」
その指示に従い体を使って作業する部下は「疲れる」
つまり、目上の人には「ご苦労様です。」
目下の人には「お~ぅ、おつかれ~」…じゃなくて「お疲れ様。」

ただ、もっと追求した時、
1000分の1の鉄の段差を手に触れただけで分かる上司には
何と言えばいいだろう。
ここまでの触覚を極めるのに相当な苦労があったのだろう。
だから「ご苦労様です。」
じゃあ、鉄の部品を磨き続けて鏡のように仕上げる上司には
何と言えばいいだろう。
相当疲れるだろうけど、やはりここまでのスキルを磨くのに
相当な苦労があったのだろう。
だから「ご苦労様です。」
では、雑音の中、耳をすまして鉄の削れる音だけ聞く部下には
何と言えばいいだろう。
多分こんなんでいいだろうな。

「乙」


突如として電車男になってみましょう。


さて。
安い弁当でも食うか。



あお
[PR]
by dai1tks | 2009-12-03 16:49 | aoyama