日々の出来事を赤裸々に書いてます


by dai1tks
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

浮遊

こんばんわ。

「ブログを書く」と表現する人と、「ブログで話す」と表現する人がいます。
私は後者。
小学生や中学生で作文を書く時にも「話し言葉」じゃなくて「書き言葉」で
書きなさい。とよく言われたものです。

ま、その通りなんですけどね。

でも、なんか温度を感じないんですよ。

それで、僕は意図的に話し言葉にしています。


…って、何話してるんでしょうか(笑)



昨日、一昨日のブログは完全に病んでました。
真面目にブログを書いたらボロがでます。
性に合わないってかそんな真面目な人間でもないしね。
メガネかけてないし。
Yシャツ直着だし。
信号大抵赤だし。
めがねかけてないし。
眼鏡かけてないし。

なので、そういう雰囲気を一掃するためには、やはり社長ネタだ!


ということで、今日はTKKdayです。(←まだやってます。)
先週、社内きまぐれ工程会議をやった時に数えてみたんですが、
今年のTKKはどうやら23件もやってるようです。
結構しんどいですよね。
去年から法律も変わりまして、やることも増えて経費も増えて(笑)
…いやいや、経費に関して笑ってると社長に怒られちゃうんですが、
そんな社長の天然ぶりが本日未明、発揮されました。

中標津町総合文化会館という昨日のど自慢が行われた会場ですが、
とにかく広い。
非常用照明に至っては250個近い数を見るわけで、
こっち見たよ、あっち見たよというのを密に連絡を取り合って
社長と吉田さんと私の3人体制で回りました。
歩き回る中で、いたるところに「開き戸」というおもしろポイントがあります。
そのドアは、方角的に言うと南から北に開くドア。
つまり、南から北の方向に進むとなると「押す」と言うことになります。
逆に北から南に進むと「引く」ということになります。

社長は予定の時間が迫ってきていてきっと焦っていたのでしょう。
南から北に進んでドアを開くときに一生懸命引いていた。
「あれ、開かないぞ!」
と遠くから聞こえてくる。
なんかあったのか?マスターキーは社長も持っているはずだ。
まぁ、たまたま近くに居たからヘルプに行ったのですが、
鍵を掛けたり開けたりしながら一生懸命引いていて、
「アオ、いくら引いても開かないんだ!」と言っている。
「え~、マジっすか?」と言いながらドアノブを捻った後に、
何も考えずに押してしまった。
ちょっとドアが開いた。

そこで俺は少し考えた。

あっさりと開けてしまうと社長がショックを受けてしまう可能性が高い。

さらに運のいいことに、社長の携帯に電話がかかってきてしゃべっている。
ドアが開いたという現実に気づいていない。

ナイスだ!
なんと運がいいんだ、俺は。

と、必要の無い余計な気遣いを始める。


社長の電話が1分くらいで終わって、「どうだ?」と俺に聞いてくる。

「いやぁ~なんでしょうねコレ…あぁぁ!押したら開いたっ!!」

完全なる糞芝居だ。


さらにその10分後。


そのドアに向かって北から南に向かっている社長。
やはり偶然出くわした青山。
今回もやってくれるのだろうか。
期待を胸にわざとに1歩後ろに下がって付いていく。


・・・・・


やはり社長は期待を裏切らない。

彼はドアを押した。
歩くスピードを緩めることなく勢い付けて押した。
体重が乗って「ドンッ」とリアルに響いた。


10分前にドアを押したら開いたということが頭の片隅にあったのでしょう。
やはり一生懸命押している。
「あれ、開かない…」


そこで俺は少し考えた。

ここで芝居を打つとさすがの社長にもわざとだと思われてしまう。
正直に言おう。


「社長、引いてください。」
「ん?さっき押したべや。」
「さっきは向こうから来たからね…」
「ん?そうだったか?」
「…うん。」
「しかし、アレだよなー。普通こういうところは両方に開くやつだよなー。ハハハー。」


絶句。



しかし、これは悪口でも陰口でもない。
そんなことは1ミリパラベラムバレットも思っていない。
俺は、社長のたまに発揮される奇跡的な天然ぶりを心からリスペクトしている。
もちろん仕事においても。
もし完璧な人だったら、たぶん随分前に会社を辞めているだろう。
怒られることもあるけど、それも「有り難う」。
笑われることもあるけど、それも「有り難う」。
「俺、今77kgだから」というアピールは「無難」に対応しちゃうけど、
こんな俺みたいなもんを9年も使ってくれてるんだから、
きっと我慢強い人なんだろうなとも思う。
最近は検定とかあっても、ほとんど俺に任せてくれて
何も無いと終始静観してくれる。

ホントに「有難い」

あと7ヶ月で青山入社10周年。イコール三十路へのカウントダウン開始の年。
あと7ヶ月で第一宅建設計30周年。
俺と第一宅建設計は同い年なんだ。
わかりやすくていいでしょ(笑)


そろそろ言われ始めるのかな?

「いつ結婚すんの?」って(汗)


「する気ねーし。」
っていうのも通用しなくなるね。
強がりとか思われるよね。


まぁ、いいや。


ちょっと長く書きすぎちゃった。


ここまで読んでくれた方に一言。



無駄な時間をお許しください。




あお
[PR]
トラックバックURL : http://dai1tks.exblog.jp/tb/11887853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dai1tks | 2009-09-07 19:19 | aoyama | Trackback | Comments(0)