日々の出来事を赤裸々に書いてます


by dai1tks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

建築して域講習

『建築士定期講習』って変換したかったんですけどね…

青山の表参道に新しくできたランドマーク「Ao」。

どうも。第一宅建設計の「Ao」です。


後者の方は、すげー田舎臭いですね。
すげーというか、より田舎臭いですよね。
より田舎臭いというか、ただただ田舎臭いですよね。


平成19年6月20日に施行された建築士法第23条の6の規定に基づき、
建築士事務所は各事業年度ごとに業務に関する報告書を作成し、
知事への提出が義務付けられました。

ということで、昨日、このことに関する事務所協会事務局会議に出席してきました。

実はこの報告書の受付窓口を建築士事務所協会の各支部で行うことになりました。

追って各事務所に対して正式な連絡をする予定ですが、
一応支部として連絡程度にここに書いておきます。

で、実際この報告しなかったらどうなるんだ?っていう質問もあるようですが、
これについても建築士法で罰則があるようです。

…あるようですというか、ありますとしか僕からは言えないのですが、
この辺の判断は北海道から督促状等で指導があるはずですので、
建築士事務所の方々におかれましては、宜しくお願いいたします。

さて。
敢えて間違いを訂正しなかった「建築士定期講習」。
これについて初の受付業務を事務所協会で行ったわけですが、
おかげさまで道内で1733名、釧路管内で139名の申込がありました。
ありがとうございます。
で、受付期間内に何度か受けた質問なのですが、
某学校でも講習会を行っているが…どうなんですか?という疑問。
昨日議題にもあって、すでにHP等で広告しているので書きますが、
日建学院と総合資格学院の定期講習のことです。
当時は総合資格学院の受講料が一級建築士12600円、二級建築士10500円。
日建学院が一級建築士14700円、二級建築士12600円。
そして我々が受け付けた建築技術教育普及センター(以下、普及センター)は
一級も二級も15750円でした。
ところが、日建学院は受講者があまり芳しくなかったからかどうかは不明ですが、
次回コースから一級12000円、二級10000円としたようです。
すでに普及センターと最大5750円も差が出来てしまいました。
受付する時の連絡、通信運搬費、時間等の経費の差とはいえ、
こんだけ差があると次回の受付に影響が出るんじゃないかと思われます。

で、コレについては普及センターのほうで検討中のようです。

秋季は建築士会の受付です。
どうなるでしょうか。


ところで、釧路会場の受付に根室支部からも行ったほうがいいかなぁ?
したらもうちょっと早く出発しなきゃいけないんだけど…


う~ん。



あお
[PR]
トラックバックURL : http://dai1tks.exblog.jp/tb/10636413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dai1tks | 2009-03-26 15:46 | aoyama | Trackback | Comments(0)