日々の出来事を赤裸々に書いてます


by dai1tks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

成果品目録

机の上がファンタスティ~ック♪

ということで、今日のカフェラテsongのタイトルは、
「青山さんの机の上の状況が弾性域を超えてさらに塑性域をも超えました」でした。

さて。
f0089537_2431573.jpg

CADの豪華ラインアップです。
我がDRA-CADにカリスマAutoCADに期待の新星JWCAD。
実は、JWCADを少しずつ理解してきました。
っていうのも、いつも面倒くさかったんでね。
電気屋さんや設備屋さんの他、メーカーさんや設計事務所でさえJW率が高く、
もらうデータのほとんどがJWというこの時代、少しは使えたほうがいいよね、と
自分に言い聞かせ、最初は独学で頑張って練習していました。
でも、どんなに頑張っても線が引けないのです。
ダメじゃん。
しかし、最近は周囲に教えてもらえる人たちがわんさかいるので助かります。
おかげで今日は「移動」ができるようになりました。

わーい。

ま、忙しい中でもこんなことをしているアオヤマはんですが、
この3つのCADは共通しているところもあれば、それぞれ譲れないプライドを
持っている非常に面白い三角関係だなと思っています。
野球に例えるなら、この3つはセンターラインにのっていて、
単純なので素人でもなんとなく取っ付き易いDRACADは、
センターの守備位置で、どんな型式にも変換が出来て開くことが出来る
器用なところは完全なレフトフライも自慢の俊足でセンターフライにしてしまうほど。
そして属性や精度の面から個人的に完全なる管理型と位置づけているAutoCADは
キャッチャーの守備位置で毎年のようにバージョンアップを繰り返す様は
まさに経験をリードに活かす状況そのものである。
そして、JWCADですが、まだ深いところまではわかりませんが、
ニ遊どっちかの守備位置で、イケメンなところから人気者で、
いたるジャンルの業界からも一目おかれている存在である。
また、JWを採用するのにお金がかからないという経済面からも
非常に人気がありますね。

そんな3つのCADを使う我々はまさに監督。
この前、AutoCADにバッティングピッチャーを頼んだら
思いっきりぶん殴られました。
やつはプライドの塊だなぁ。


さ、そんなところで時計を見ると直角の時間を回りました。
えっ、いつのまに。
ま、今日は比較的早いので寝るわぁ~。
食うもの買って帰ろう。
リバウンドしないように注意しながら。


だけど、冴えまくりなので多分眠れませ~ん♪
寝るまで今日もドラゴンボール見よーっと(笑)

そして、

事務所登録が2件戻ってきたので処理してから帰ろう。
事務所協会も講習会の受付ばっかりで慌しくなってきたぞ!


あお
[PR]
トラックバックURL : http://dai1tks.exblog.jp/tb/10545833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dai1tks | 2009-03-12 23:41 | aoyama | Trackback | Comments(0)